総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

日商簿記検定3級受験

  • 講師添削型

コースコード

A6O1

受講料

15,120

受講期間

3か月

在籍期間

6か月

導入のポイント

簿記は、会社の経営数字を理解する上でビジネスパーソンに必須のスキルです。このコースは、初学者の方の多くが簿記検定の入り口として受験する日商簿記検定3級の合格を目指すプログラムになっています。基本から丁寧に学んでいきますので、初学者から実務で覚えたことを体系的に再確認したい方までおすすめのコースです。

主な対象者

日商簿記検定3級合格を目指す方

ねらい

■財務を学ぶための基礎である簿記の基本的なしくみ、ルール、簿記一巡の流れを理解します。
■検定合格に必要な無駄のない教材で完全合格を目指します。

特色

■理解促進用eラーニング『日商簿記3級講義』で、初学者でも直感的に楽しく簿記が習得できます。
■知識習得(テキスト)~演習(問題集)~復習(テキスト)のサイクルを徹底します。
■ビジュアルで視覚的にも楽しく学習を進められる紙面構成です。
■実践力強化のため過去問題(5回分)を用意。最新の傾向を知ることができます。
■最終回のリポート(提出課題)では、本試験に準拠した総合問題を用意。合格を意識した取り組みを促します。

PC環境

※eラーニングの学習には、PC、スマートフォン、タブレットなど、インターネットに接続できる機器が必要です。

教材構成

●テキスト 1冊
●問題集 1冊
●問題集 解答と解説 1冊
●本試験過去問題(解答解説付き) 5回分
●理解促進用eラーニング『日商簿記3級講義』
●ライセンス・スクウェア
●添削 3回

カリキュラム

01
日商簿記検定3級

◆基礎編
簿記の全体像と仕訳
 1.簿記のしくみ 2.仕訳 3.当座預金と掛取引 ほか
個別取引を理解する
 1.現金過不足 2.小口現金 3.当座借越 ほか
決算整理を理解する
 1.費用・収益の決算整理 2.貸倒損失と貸倒引当金 3.有価証券の期末評価 ほか

◆実践編
個別取引の応用仕訳
 1.帳簿の種類 2.伝票会計 3.現金預金 ほか
総合問題の解答テクニック
 1.試算表問題攻略法 2.精算表作成問題攻略法 ほか

特記事項

執筆:公認会計士 澤 昭人

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ