総合研究所の概要

お問い合わせ

資料請求リスト

550クリアTOEIC(R) L&R実践トレーニング

  • リニューアルコース
  • eTextあり
  • コンピュータ採点型

コースコード

T2A3

受講料

22,680

受講期間

3か月

在籍期間

6か月

導入のポイント

採用や昇進・昇格、海外赴任の要件としてTOEIC(R) Programのスコアを活用する企業・組織が増えています。英語の好き嫌いにかかわらず、現代のビジネスパーソンにはTOEIC(R) L&Rスコアをアップする努力が求められています。このコースは、ナチュラルスピードのリスニングをトレーニングしたい方、リーディングスピードのアップを課題としている方に、「速さの壁」を超える対策ツールとして活用いただきたいコースです。

主な対象者

TOEIC(R) L&R:450~550 英検:準2級~2級

ねらい

TOEIC(R) L&R新形式問題対応!
■センテンスを完全には聞き取ることができないレベルの英語力を、英語を使って日常業務をこなすレベルへ引き上げます。
■ネイティブスピーカーが話すナチュラルスピードに慣れると同時に、リーディングスピードを上げ、スコア550クリアを目指します。

特色

■日本人の弱点である「速さの壁」を攻略するため、ネイティブスピーカーの感覚で「使える」文法をメリハリをつけて学習します。
■速聞き・速読みの力をつけて大きな得点源にするために、長めの基礎的なビジネスフレーズ・文章を攻略します。実用的なビジネス文章を題材にトレーニングを行い、ナチュラルスピードでの長めの会話文やパッセージを正確に聞き取る力・読みとる力を養成します。

教材構成

●テキスト 3冊
●単熟語集 1冊
●CD 5枚(テキスト用3枚、単熟語集用1枚、リポート・チャレンジテスト用1枚)
●チャレンジテスト(解答解説つき) 1冊
●学習の進め方
●eTextの利用について
●添削 3回(Web提出可)

【eTextあり】
テキスト・単熟語集は、eText(電子書籍)での閲覧も可能です

カリキュラム

01
550クリア TOEIC(R) L&R 実践トレーニングVol.1

1.文の構造を捉える
 ・PART5&6 品詞を判断する
 ・PART5&6 自動詞・他動詞を区別する ほか
2.状況を捉える
 ・PART1 人物や事物を描写する
 ・PART2 状況を捉えて聞く ほか
3.名詞や形容詞として働く句・節
 ・PART5&6 動詞の目的語は動名詞か不定詞か
 ・PART5&6 現在分詞と過去分詞を使い分ける ほか
4.キーワードを捉えて聞く
 ・PART3 数や名前を正確に聞く
 ・PART3 要点を捉えて聞く ほか

02
550クリア TOEIC(R) L&R 実践トレーニングVol.2

1.必修文法項目1
 ・PART5&6 名詞の可算・不可算を意識する
 ・PART5&6 形容詞・副詞の意味と用法を押さえる ほか
2.速さに慣れる
 ・PART1 英語の語順で聞く
 ・PART2 英語の音に反応する ほか
3.必修文法項目 2
 ・PART5&6 比較の構文を押さえる
 ・PART5&6 接続詞の意味と用法を押さえる ほか
4.言葉の裏のメッセージを捉える
 ・PART2 型どおりではない応答
 ・PART3 話し手の真意を捉える ほか

03
550クリア TOEIC(R) L&R 実践トレーニングVol.3

1.速読のコツ―必要な情報を捉える
 ・PART7 キーワードをすばやく探す
 ・PART7 記事の5W1Hを捉える ほか
2.予測力を養う
 ・PART3 会話の展開を予測する
 ・PART4 推測力を働かせる ほか
3.複数の情報を捉える
 ・PART7 トピックを予測して読む
 ・PART7 2つの文書の関係を見抜く ほか
4.Master Practice Test
 ・総仕上げ模試PART1~7

特記事項

TOEIC(R) is a registered trademark of Educational Testing Service (ETS).
This product is not endorsed or approved by ETS.

※TOEIC(R) L&Rは短縮名称であり、正式名称はTOEIC(R) LISTENING AND READING TESTです。

  • カリキュラム・教材・受講料等は一部変更になることがあります。
  • 受講料には消費税が含まれています。
  • 「給」は「教育訓練給付制度」指定コースです。なお、本制度のしくみや対象コースは年度途中でも予告なく変更になる場合があります。
メールによるお問い合わせ
ご要望があれば、本学アドバイザーがご説明に伺います。
お問い合わせ
電話によるお問い合わせ
該当する地区の事業拠点へお問い合わせ下さい。

ページ先頭へ

  • 導入のご相談、提案のご依頼、各種ご質問はこちらからどうぞ
  • 資料をご希望の方はこちらからどうぞ(無料)
  • デジタルカタログはこちらから
  • 官公庁・自治体職員向け研修案内
  • 総合研究所 経営管理研究所
  • グローバルマネジメント研究所
  • サンノーWebサポート
  • SuperGrace Web成績管理システム
  • マナビバサンノー
  • sannoメール登録

他のコンテンツを見る

SANNOが大切にしている活動スタンス
理想のイメージをお客様と共に創り上げるために、大切にしている活動スタンスをご紹介します。
人材育成・研修 用語集
人材育成・研修に関する用語集です。実務にお役立てください。